line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.14

IMG_1887.jpg

ビオラのリース。
結構大変だった・・・・・

**

ハルが発症して今年の2月で丸5年。
私自身、1型クンと付き合い始めてもうすぐ5年になるのか?。
と思って、記録のためにまとめてみた。
1型クンはハルの中にあって、ハルとは別の一部な感じがする。
その友達と仲良く暮らしていくこと。

今回は書籍。カテゴリも増やしたぜ☆
また増えたらココへアップしよう?^^v
どっちかというとマニュアル女の私は、"わからないことは本屋へ!"という家訓の通り、
ハルの入院が始まってから、まず本屋へ行き、この本を買ってきた。
小児・ヤング糖尿病―のびのびしっかりサポート小児・ヤング糖尿病―のびのびしっかりサポート
(2005/02/20)
内潟 安子

商品詳細を見る
糖尿病もろくろく知らない私にはこの本、ちんぷんかんぷん?????????
そもぎ効果って?暁現象??

まだハルはHCUの個室で、私はその床に簡易ベッドを置いてもらって、無理やり付き添っていた。
くらーい部屋、まだ血圧が安定せず、40を切ってはブザーがビービーなってた。

インスリンも点滴で、測定もとってあるラインからで、注射も測定器さえ見たことがなかった。
半年くらい経ってから読んだ方がわかりやすかったかも^^;

小児科へ移ってから、担当医からコピーをもらった本。
お母さんのためのやさしい小児糖尿病の自己管理お母さんのためのやさしい小児糖尿病の自己管理
(2002/05)
松浦 信夫菊池 信行

商品詳細を見る
コピーなので白黒だったけど、注射が絵で描かれていて、インスリンの種類について、効果について分りやすく書いてたあった。

それから、退院前に担当医から薦められて、売店で"食品交換表"を購入。
糖尿病食事療法のための食品交換表 第6版糖尿病食事療法のための食品交換表 第6版
(2002/05)
日本糖尿病学会

商品詳細を見る
そして、ドキドキしながら退院。
後は食事の本とにらめっこの毎日・・・
はじめての糖尿病の食事―「主食」「主菜」「副菜」を組み合わせるだけ!はじめての糖尿病の食事―「主食」「主菜」「副菜」を組み合わせるだけ!
(2002/07)
井上 修二森野 真由美

商品詳細を見る
でもこの本↑。結婚3年目の私にはレパートリー増やすのに、よかったな?。

その後は糖尿病に限らず、本なんて読む時間なーし(>_<)
もう少ししてから、ネットで探して、こんな本を購入。
子どもの糖尿病なんでも相談―お母さんの疑問に答える子どもの糖尿病なんでも相談―お母さんの疑問に答える
(1993/06)
Joanne Elliott

商品詳細を見る
↑これは古くてあまり参考にならなかった(x_x;)

毎日ライフ2005年7月号(アマゾンでは見つけられず?)

知ってる?子どもの糖尿病―小児糖尿病患者の生活と記録知ってる?子どもの糖尿病―小児糖尿病患者の生活と記録
(1998/04)
上村 悦子三木 裕子

商品詳細を見る
これは結構身につまされる感じがしたかな。

それから図書館で借りて読んだ本。
小児糖尿病・ヤング糖尿病 (よくわかる最新医学)小児糖尿病・ヤング糖尿病 (よくわかる最新医学)
(2009/02/13)
田嶼 尚子

商品詳細を見る

後は、沙織(父)さんのところで知って、これを購入。確かに難しくて全部読んでません^^;
月刊糖尿病 Vol.1No.6(2009年11月号)月刊糖尿病 Vol.1No.6(2009年11月号)
(2009/11)
不明

商品詳細を見る
本って高いよなぁ?( ̄o ̄;)たくさん欲しいけど、なかなか一度には・・・
でも、この本では注射の時は皮膚をつままなくても、消毒も別になくても大丈夫!とか
劇症1型の発症後5年で合併症発病率が結構高いと言う所が目を引いた・・・

最近は入学を控えて、患児会の会長さんから教えてもらって、これを購入。
糖尿病ってどんな病気糖尿病ってどんな病気
(1988/08)
ピエロ P.フォア

商品詳細を見る
友達との関係がこれからどんどん大きくなることを考えた。

他にも、病院に置いてあるリリーや三和化学やテルモなんかの小冊子で"小児糖尿・・・"とか"インスリン・・・"
て書いてあったら、すぐに頂いて帰った。
あと、読み物ではタイムマシーンのエレベーターとかすごく役立った^^

本はいつでもそうだけど、これは自己満足の宝モンだな?。
ハルは恐らく読まないだろうけど、これからもコレクションして行こう。
スポンサーサイト
コメント
 ひろさん こんばんは♪
 大変遅くなりましたが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 1型糖尿病の本、
ひろさん こんなにたくさん 読まれたのですねー!
 すごいなぁ。 私は 一体何冊読んだだろう??

 
 リース 素敵ですね!
生花でリースが作成できるだなんて 
私 今まで知りませんでした。
すごいなぁ。


 
keiko | 2010.01.16 22:45 | 編集
こちらこそご挨拶が遅くなりました^^;
宜しくお願いします~。

ホントは読むより、実践の方が役立ちますよね>▽<;
一番頼りにしてるのは、ココの情報かも~♪
先輩ママさんの言葉に勝るものなし☆

生花というか、苗ままです☆
私は店にあった材料でなんとか完成させたんですが、
もっといいリースネットが売ってるんですよ~♪
来年はその方がいいかな・・・と思ってます。
ビオラ10鉢くらいで出来ますよ!ぜひ!!
ひろ→keikoさん | 2010.01.19 15:22 | 編集
ビオラのリース。可愛い。
もうちょっと暖かくなったらお花いっぱいですね~。
そしたら、またUPしてね。v-10

1型の本。こんなにあるのですね~。
ここに載せられてる本は‥‥読んでません。
発症当時「小児糖尿病の子どもたち」って本と、なんだか専門書みたいな本を買いました。
専門書は‥‥ちんぷんかんぷん。
あれから9年。きっと今読んでもちんぷんかんぷんは変わらないと思います。
ともか | 2010.01.21 20:29 | 編集
レス遅くなってごめんなさい(>_<)
ビオラのリース・・・ずっと吊るしてたら、なんかおかしな形になってきたんですよね~(x_x;)
重みでどわ~んと楕円形に・・・(T_T)
やっぱり網の強度が弱かったな~。
その後の写真はお見せできないかも~(;^_^A

「小児糖尿病のこどもたち」!そうだ~。それも図書館で借りたことあったー。
なぜか児童図書のコーナーにあったのを覚えています。
本を読むより実践の方が大変ですけどね、ほんとに。
でも追加追加~~。
ひろ→ともかさん | 2010.01.28 13:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハルは腕白9歳の男の子。妹(つぐみ)と一緒に走り回って、毎日振り回されてます。。。
2005年2月(当時1歳2ヶ月)に1型糖尿病(IDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)を発症しました。糖尿病は体に食物の栄養を上手く取り込めない病気です。その為、1日4~5回の注射と血糖測定で毎日頑張っていまーす!

WKE
いくつになったの?
カテゴリー
最近の記事+コメント
C-PREVIEW

月別アーカイブ
月齢カレンダー
FC2カウンター
QRコード
QR
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
IKEA
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。