line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
04.12

IMG_2233_1.jpg


大人が号泣?
このあと、私もハグ(*≧m≦*)キャ?
ご、ご無沙汰です。コメントのお返事も遅くなってごめんなさい。
記憶をたどってさかのぼります→→

corsage.jpg

先月末ハルの退所式でした。
もちろん涙涙の退所式・・・

なんで保育所退所しなきゃなんないんだろ?とマジで思ってしまうくらいの
寂しさがありました。私が。

若い先生で、ウチだけではなく不安を抱きながら年長さんに上がったみんな。
ところが、この若い先生、子供はもちろん親からもとっても信頼される素敵な先生に
なってくれました。

「私が保育士になったのは君達に逢う為だったのかもしれないと今思います」

もしかしたら、これからも毎年思うことなのかもしれないけど、
多分先生はあの時本気でしゃべっていたような気はします。

まだ3年目くらいの若い先生で、年長さんの担任も初めてだったけど、
しかもいろ?んな親がいて、事件もたくさんあったクラスだったけど、
本当によく頑張って下さったと心から感謝。

**

ハルのクラス31人→同じ小学校へ26人!!
この辺で、余裕な私とハル( ̄m ̄* )♪

入学説明会の時に期待していた教頭先生が転任。
そこで4月に入って担任・校長・教頭・養護の先生方とハルの1型のことでお話。

ちょうど学童へ用事があったので、
その2日くらい前の日に私が作った資料をあらかじめ渡しておこうと
持って行って、そこで少し養護教諭と校長先生とお話できました。

養護の先生はとても親切な方の印象。
校長先生も女性で、保育所の入所式や退所式にも来られていて、お顔は拝見していたけれど、気さくな感じ。

あらかじめ渡しておいた資料を持って、懇談と思っていたのに・・・
担任の先生・・・・「まだ目を通してません^^;」
まぁ、学校ってそんなもんかな?。

そこは流して、思うがままに話しました。
30分ほどでアッサリ終わりました。

転任してきた教頭先生が言われました。
「これだけはやってはいけないということがありますか?」

え?

そうだなぁ。。。

これといってないような気がする私。
細かく挙げれば、いくらでもあるけど?。


「注射を打たないことです。」
これくらいかな?他にあったっけ?(>_<)?

肝心の担任は、というと・・・ウワサによれば、かなり怪しい感じですぅ?。
スポンサーサイト
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハルは腕白9歳の男の子。妹(つぐみ)と一緒に走り回って、毎日振り回されてます。。。
2005年2月(当時1歳2ヶ月)に1型糖尿病(IDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)を発症しました。糖尿病は体に食物の栄養を上手く取り込めない病気です。その為、1日4~5回の注射と血糖測定で毎日頑張っていまーす!

WKE
いくつになったの?
カテゴリー
最近の記事+コメント
C-PREVIEW

月別アーカイブ
月齢カレンダー
FC2カウンター
QRコード
QR
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
IKEA
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。