line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
05.13
母の日が終わったら、もう父の日・・・
母の日以上に悩むんだよねぇ。

今年は自分の母には血圧計を!と思ったら、いらないと言われた。
血圧計を見たら、余計血圧が上がるんだって。
主治医に「病識がない!」と言われた母らしいと言えば、そうだけど(笑)

法事とか病院に着て行く服が欲しいと言うので、それに。

お気楽な感じ?

で、お義母さんはというと・・・相変わらずキラキラとかハートとかに目がないので、
結局ピアスやネックレスなどのアクセサリーに。
つぐみかっ。
 

**


術前療法という方法になって、最初の悲壮感から立ち直って、
母のがんのことをちょっと忘れてかけていました。

喉もと過ぎれば・・・・・・・・・まさに。

がん=

とは今は言わないんだな~。
保険のCMじゃないけど、付き合っていけるものなんだ。

その種類にもよるんだろうけど。

現在は乳がんは細胞の種類によって6タイプに分けられている。
この6タイプは全く違う生物と言っていいくらいで、
母はこの中で、ホルモン感受性陽性・HER2(ハーツー)陰性という、
日本人に一番多い、比較的優しい乳がんLuminalA(ルミナールA)というタイプでした。

進行速度は遅く、ホルモン剤が効果があるようです。
そのホルモン剤が「フェマーラ」。不妊治療にも使うこともあるらしい。
小さい飲み薬1つで、すごいもんだ~。

GWに入る前に手術が終った。
診断されてから飲み始めたホルモン剤は母には副作用もなく、
みるみる効果を発揮したらしく、3.5㎝あったしこりは1.9㎝まで小さくなったらしい。

術前療法が効いた為、温存手術でした。
なので、放射線治療がその後に控えている。

しかし、術後の説明では、リンパ節郭清もやって、リンパ節にも転移が相当数ありそうで、
結果を待って、恐らく先に抗がん剤が始まるのではと思う。

術後の経過は良好なようで、早くもGW明けから仕事に復帰。
とは言え、無理のない程度でやって欲しいんだけど、
本当に口に出さない母なので、きっと無理をするのではと思う。

一人でわかっていたのに、最初の検診だって、怖くてなかなか行かなかったんだから。

乳がんは遺伝する。
母以前にいなかったので、母が家系の第1号になるそうだ。
あと、大腸がんと前立腺がんも遺伝だって。


がん。今は3人に1人とか2人に1人とかいうよなぁ。
家系的に旦那さんは糖尿→脳梗塞で、私はがんだろうな~。

そういう、お義父さん、2型糖尿が悪くなってきているみたい。
聞くとあまり答えてくれないんだけど、どうやら8%越えているのでは・・・と思う。
恐らくは薬の飲み忘れみたいだけど、しっかりしてくれー。
薬で済んでいるんだから今のうちに頑張ってよー。
ハルだって頑張っているんだから!

こういう言い方はよくないのかなぁ・・・はぁ。

健康は本当にありがたいんだから。
スポンサーサイト

コメント
お母さん、術後の体調も良いみたいで仕事も復帰なんだね!無事に終わって良かった。
これから治療もあるし、ひろもサポートとか大変だろうと思うけど、体を大事にしてね(>_<)
私も実はがん家系…だからがん保険は単独で入ってるよ。
本当に今まで当たり前だと思ってた健康がこんなに大事だとは…実感することが多くなってきたね。
sayaka | 2011.05.13 13:49 | 編集
すごく細かいとこまで説明してくれるんだね。
私の母の時はただ「乳がん」としか・・・。
6タイプもあるなんて、初めて知った。
うちの母はどのタイプなのかな~・・・。
しかも、すぐにオペにならず、小さくしてからっていうのも、最近の方法かな。
温存でいけてほんとよかったね。
お母さんが無理しないよう、気を付けてあげて。

遺伝かあ・・・お互い検診怠らないようにしなくちゃね。

ノン | 2011.05.13 17:39 | 編集
ありがとう~^^
普通に今までと同じ生活を送ってるのがウソみたいだよ。

がん保険も色々あって、迷うよね。
通院で、しかも抗がん剤も放射線も後回しなんて、
単独のがん保険でもなかなかいいのがないような気がするよ。
最近は「診断されたら○万円!」ってのも少なくなってるらしくて。
母は特約でしかつけていなかったから、入院&手術の部分しか出なくて、
最初に検査が続いて、出費がかさむってこともやってみて初めてわかってさ^^;

色々勉強にはなったよ~^^;
ひろ→sayaka | 2011.05.14 00:36 | 編集
ありがとう~^^

まだ若い血気盛んな40代の先生で、冗談も言ったりして、おばちゃんに大人気なんよー。
説明も的確でわかりやすいくて、私も話しやすい感じがするよ。

まだ3,4年前には4タイプとか言ってたらしいけど、・・・数年後には8とか10タイプになるとか言ってたよ。
再発ではタイプが変わったりするとか・・・

タイプによって抗がん剤が効くとか、ホルモン剤がいいとか、
抗がん剤でもどれがいいかとか順番とか、
ある程度道筋が決まっているらしいので、
すごくわかりやすい治療な気がするよ。

まだ抗がん剤が始まってないので、なんとも言えないけど、これから・・・という感じだよ。
やっと手術までこぎつけたというか・・・

オペ前にPETとか針生検の検査をやってるはずだし、
採ったがんを検査もしてるんじゃないかなぁ。
そこでタイプがわかってるかもしれないよ。

そういう私、まだ検診行ってないんよ...
早く行かんとなー。
ひろ→ノン | 2011.05.14 00:49 | 編集
ひろさん こんばんは~
お久しぶりです♪

 お母様の無事の手術成功おめでとうございます。
 お薬もあっているようで目覚しい回復 本当によかったですね!
 「血圧計を見たら血圧が上がる」なんて お茶目なお母様ですぅ。

 本当ー 健康が1番ですよね。
 お母様がこのままお元気に暮らせますように。
 お義父様も 上手に病気とつきあっていけますように。。

  
keiko | 2011.05.14 23:04 | 編集
こんにちは^^
keikoさん、こんな細々ブログにコメントいつもありがとうございます^^

母の手術終りました^^
ハルのことで、私自身が「病気とは負けずに付き合っていける」という意識が植え付けられてるのかもしれないです。
母のがんだってそれが出来ると思うんです。
同じように頑張っている方はいっぱいいるんですもんね。
keikoさんとかブログや患児会などで知り合った方々の姿勢のお陰だと思っています^^v
keikoさん←ひろ | 2011.05.16 13:54 | 編集
こんにちは。

今って、すご~く詳しく、いろんなことがわかるんですね。
がん家系・・・
でも、恐がっていてはいけませんね。
私もちゃんと検診を受けなくては・・・。

お母様の治療がうまくいきますように。

ひろさんも疲れをためないようにね^^
みわ | 2011.05.19 11:37 | 編集
こんにちは^^
ありがとうございます☆

母の主治医の先生がわかりやすく説明してくれるからだと思います^^
薬を飲まなかったり、検診に来ない患者さんは「無治療患者」って呼ばれるそうです^^;

タイプによっては仕事も続けていけるし、すぐに手術というわけでもないって、
私も始めてから知りました。

人に言ってるばかりじゃなくて、
私も早く行かないと・・・>_<
みわさん←ひろ | 2011.05.20 11:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハルは腕白9歳の男の子。妹(つぐみ)と一緒に走り回って、毎日振り回されてます。。。
2005年2月(当時1歳2ヶ月)に1型糖尿病(IDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)を発症しました。糖尿病は体に食物の栄養を上手く取り込めない病気です。その為、1日4~5回の注射と血糖測定で毎日頑張っていまーす!

WKE
いくつになったの?
カテゴリー
最近の記事+コメント
C-PREVIEW

月別アーカイブ
月齢カレンダー
FC2カウンター
QRコード
QR
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
IKEA
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。