line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.14
母の乳がんが分ってから、もうすぐ1年です。

4月に手術をして、その後の診断でリンパ節に転移があるようだったので、
抗がん剤治療が6回、先月終わりました。

その間、私ができることはほとんどなく^^;

意外にも(失礼な^^;)それだけ元気だと言うことなんです。
最初、私は抗がん剤の副作用を恐れていたんだけど(勝手なイメージで)、
嘔吐だとか、発熱だとかすごくひどい副作用というのはありませんでした。
(もちろん体質とか体調とか薬の種類により個人差があります。)
食欲がなくなるとか寒気がするとか細かい辛いことは色々話していました。

でも1度立ちくらみ(恐らく貧血か低血圧)で、病院へ行ったみたいです。
(それも翌日知らされた・・・-_-;)

基本、母は私を頼るつもりは全くないみたいなんです。

多分、ハルの事があるからだなんだけど。
仕事もバッチリやってます。その仕事というのが、立ち仕事なんだけど、別の病院内の喫茶店なんです。
なので、倒れた時もすぐにそこの内科へ行ったらしい。

午前中抗がん剤やって、そのまま仕事へ行ってランチを作る、みたいな感じで
頑張っていたので、張りがあるといえば張りがある・・・
やりすぎでは?と思うんだけど、そういう母なんです。

でも、やっぱり6回目の頃に初めて腕にむくみ出てしまいました。
脇の下のリンパ節を全部切除しているので、出る可能性があることは聞いていました。
特に痛みがあるとかはないけど、感染症が心配なので、サポーターをつけて、
今後の放射線は見合わせ中です。

あと、もちろん髪もなくなっています。
最初はハル達も驚くといけないからと隠していたんだけど、今はバレちゃってます^^;
家では綿素材の頭巾のようなのをかぶって、外出はかつら(+帽子)をつけています。

かつらもおしゃれなものが色々出てるんだな~と。
初めてかつらをつけて行ったら、職場で若返ったと評判だったとか^^;

**

ちょうど今月に入ってすぐの土曜日が急に休みになったので、私も乳がん検診に行ってきました。
すぐに行くぞ!と思ってからかれこれ1年・・・

私は「なんで私でなくって、息子だったり母が病気になってしまうんだろう」と思っていたんだけど、
母は母でやはり「娘(=私)でなくてよかったと思っていた」と言っていました。
自分が病気になった時にですら、娘や孫の事を思える母をやっぱり尊敬します。

母の病院とも連携のある近所の乳腺専門クリニック。
マンモの技師が女性だったのもあって、その病院へ。
雨だったので患者さんも少なくて、合計1時間くらいで終わった。

電話で問い合わせた時に「何でもいいので、自覚症状があれば保険適用になりますから」って
言ってもらってたので、なんとかかんとか自覚症状を作って^^;

初めての体験で恐る恐る・・・・・・・・
小さい方が痛い!と聞いてたけど(ほっとけっ)、まぁなんとか挟めた(笑)

マンモは異常なかったんだけど、エコーで繊維線種というしこりが見つかりました。
恐らく良性腫瘍で、また3ヶ月後に検診ということになりました。

あとで母に聞いたら、「そういえば赤ちゃんの時にもあって、何回か国立で注射打ってたんよ~」って。
そういえば私も聞いたことがある話・・・

それと同じものかどうかわからないけど、何もないと思っていたけど、あるんだなと妙に感心してしまった。

それで3,500円。

なんとなくホッとして、帰りに旦那に「食料品買い物して帰る」と電話。
帰ってから、「腫瘍があった・・・・・」ってつぶやいてみたんだけど、
食料品買って帰るくらい余裕があったので、バレた。

毎年1回自分の体を労わるのもいいなと思った。
乳がんが早くわかればそれに越したことはないし、そうなってもタイプによっては
母のように頑張って家事や仕事を続けている人もいる。
医学が進歩してくれて、薬も増えて、選べる。

不安と言うものは、やはりぼんやりとよく分らないことが機縁するんだろうな。
スポンサーサイト
コメント
本当にガンバリ屋さんのお母様だね。うちの母もそうだけど、子育てやいろんなこと、「頑張るのがあたりまえ」って感じで、私は小さいことに怒ったり悩んだりして、もっと見習わなければと思う。
このまま良くなるといいね。
私も長男の授乳後、しこりが気になって乳腺クリニックでマンモの検査までしてもらったことがあるんだ。そのときはたぶん一緒だと思うんだけどあったと思う。私もそろそろ予約しなきゃ。
私は卵巣に腫瘍があったんだけど、こういうのって本当に無自覚にできることもあるから、定期的にみてもらうのって大事だね。
sayaka | 2011.11.15 15:04 | 編集
驚きました・・・。
長い間見ない間に、いろいろなことが起こっていたんですね。
治療しながらお仕事まで頑張っておられるんですね!
本当に母は強しです。
私はまだ新米母ですが、お母さんが強くなるのが少しわかるような気がします。
このブログを見るたびにはるママさん本当にすごいなといつも尊敬します。
私もそのうちに強い母になれるように頑張ります!

乳がん検診、私はまだしたとこがないです。
でも早いうちに一度はしたほうがいいですよね~。
いついけるかわかりませんが、早期発見のために
検討してみようと思います。
maiko | 2011.11.16 16:47 | 編集
そうなんだよねー。
色々面倒なことを言う子供達を母は全面的に受け入れて・・・もう私の立場ないよ~(T_T)て感じだよ。
「若い時はそんなことなかったよ」って言うけど、歳を拾ってそんなになれるのか自信ない^^;

そうだったね。sayakaちゃん、手術したんだよね。
何もないと思っていてもやっぱり不安だし怖いよね。

私の自覚症状は「生理中の痛み」「まだ母乳が出る(実際はもう半年くらいは出てないけど)」にしてみたんだけど、授乳後2年くらいは母乳も出るそうだし、痛みもこじ付けだったので^^;;
まだ無料検診までは数年あるから、年に1回でも検診した方がいいよって先生には言われたよ。
自分が元気でいるのも家族の為でもあると思うよ。
sayaka←ひろ | 2011.11.17 23:51 | 編集
わかったのが、ちょうど弟の結婚式の前日でさ(x_x;)
去年は大変だったんだよ。

だんだん自分がしっかりして、子供のことも親このことも考えていく歳になるんだなーと思うよ。
もちろん親も旦那さん側も増えているしね^^
maiちゃんは若い時からすでにしっかりしているから、きっと私よりはもっとお母さんのことも思っているんだろうなと思うよ。

母が乳がんにならなかったら、きっと他人事で・・・受けようと思っていなかったと思う。
それですらすぐには受けてなかったんだから^^;;
今年は子宮頸がんのクーポンが来ちゃったので、あれもこれも済ませちゃおう!と思ったわけ。

思ってたより簡単に検診出来たので、気楽に行ってみたらいいよ^^
maiちゃん←ひろ | 2011.11.18 00:00 | 編集
ひろさん こんにちは~♪

お母さま 変わらず日々を過ごされているのですね。
午前中に抗がん剤やってそのまま仕事だなんて すごすぎます。

‘髪もなくなっています。’とさらっと書かれていますが、 ひろさんとお母さんのお気持ちを想像すると 胸が痛みます。

家族が元気で日々を送れることって とっても大変なことだと思います。
それを続けられることは 幸せなことですね。

私、乳がんと子宮頸がんの検診、過去に2度受けたことがあります。 今年は受けなかったので 来年ぐらい 受けたいなと思います。
3か月後のひろさんの検診も無事にスルーできますように。


keiko | 2011.11.23 14:54 | 編集
keikoさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます♪

どんな病気もですけど、"治療"とわかっていてもやはり少しでも無理なく出来ればって思いますね。
注射も副作用も・・・

もっと母に張り付いていたらいいんでしょうけど、
どうも母にも私にも「まだその時ではない」という思いがあるように思えます。
昨日、立川談志さんが亡くなられた会見を見ていて、
とても辛くなりました。

私はココで独り言みたいにほとんど吐き出せるのでとっても助かります。
そして聞いてもらえてるんだなと思うともっと嬉しくなるんですよね(笑)
keikoさん←ひろ | 2011.11.25 14:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハルは腕白9歳の男の子。妹(つぐみ)と一緒に走り回って、毎日振り回されてます。。。
2005年2月(当時1歳2ヶ月)に1型糖尿病(IDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)を発症しました。糖尿病は体に食物の栄養を上手く取り込めない病気です。その為、1日4~5回の注射と血糖測定で毎日頑張っていまーす!

WKE
いくつになったの?
カテゴリー
最近の記事+コメント
C-PREVIEW

月別アーカイブ
月齢カレンダー
FC2カウンター
QRコード
QR
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
IKEA
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。